Wedding Report

ウエディングレポート

WEDDING THEME
ゲストが主役  
アットホームな大人の
Christmasウエディング

ふたりとも神戸が地元なので、結婚式を挙げるなら神戸で、と思っていました。以前から安藤忠雄建築が好きで、ザ・ヒルサイド神戸のシャープなデザインがとても気に入っていたんです。彼女の母校がこの近くで、馴染み深かったことも決め手になりました。
スタイリッシュな会場だけど、あまり堅苦しい雰囲気はふたりとも苦手。肩の力を抜いてリラックスしてもらえるよう、プランナーさんにいろいろと相談に乗ってもらいました。大好きな海をテーマに会場をコーディネートして、ゲストが主役のパーティを希望。演出は少なめにして、その分、歓談と料理を存分に味わってもらえるように計画しました。 大切な人の笑顔をたくさん見ることができて、ふたりの両親にも感謝の気持ちを伝えられて、本当にうれしい一日になりました。

ゲストの温かな笑顔と拍手に包まれて
おふたりの愛を誓う人前挙式

親しい人々に見守られての挙式を希望されていたおふたり。ザ・ヒルサイド神戸にて、人前式を挙げられました。12月とは思えない暖かな昼下がり。ガラス張りのコリドーを、フラワーガールとともに新郎様が入場されます。舞い上がる花びらで清められた通路を進みながら、ゲストの皆様から小さな花束を受け取って、両手いっぱいになった花束をお母様がブーケにしてくださいました。つづく新婦様は、お父様のエスコートでのご入場。中空に浮かぶヴァージンブリッジを、一歩一歩、確かめるような足取りで進まれました。チャペル正面でお父様と新郎様が固い握手を交わされ、挙式がスタート。新郎様が新婦様にプロポーズのブーケを手渡すと、新婦様はブーケの中から一輪を抜き取って新郎様の胸元へ。ゲストの皆様の笑顔と拍手に包まれる中、温かなセレモニーが執り行われました。

セメントグレーの瀟洒な空間で
お料理とご歓談をゆったりと楽しむ

挙式後は新婦様からのブーケプルズと新郎様からのワイントス。2階テラスから放たれたワインボトルは新郎様のお母様手作りのぬいぐるみで、本物そっくり!ご友人がキャッチされ、おふたりがお付き合いをはじめた2007年もののワインが贈られました。
テラスから降りてこられたおふたりを色とりどりのペーパーシャワーが包み、センターコートで記念撮影。新郎様がシャンパンボトルに刀を当てて、快音とともに開栓されると、華やかな宴のはじまりです。乾杯と同時にバンケットのカーテンが開かれ、建物の全容が現れると、会場からは小さな歓声が。また、お色直しで高砂席に着かれた瞬間には、シンボルツリーの欅がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれました。

プランナーより

このたびはご結婚、おめでとうごいます!ご婚礼の当日、ザ・ヒルサイド神戸は、あたたかな海を思わせる雰囲気に包まれました。新郎様のご親戚がいらっしゃる島根の海で、おふたりで集めてくださった流木や貝殻、珊瑚で会場をコーディネート。また、石垣島の珊瑚とシーグラスでハンドメイドされたリングピローも、海が大好きなおふたりのイメージにぴったりでした!お打合せの中で、すでにお付き合いされて10年目と伺い、驚いたことも印象に残っています。いい意味での緊張感を持ち続け、お互いを尊重しあうお姿は私の憧れ。きっとご夫婦になられてからも、思いやりいっぱいのご家庭を築かれることと思います。これからもずっと、仲の良いおふたりで。そしてまた、ザ・ヒルサイド神戸へ、いつでも遊びにいらしてくださいね。

INFORMATION

季節
2016年12月
挙式スタイル
チャペル・人前式
人数
81名様

一覧ページに戻る